読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじめに食道楽

夫の食道楽に付き合う日々について綴ります

夫のこと、私のこと

ブログを始めたのは12月末。

子どもを産んだりしていて、なかなか更新できないでいますが、子育てしながらでも夫の食への要望は高く毎日の献立に頭を悩ませています。

日々夫の理想とする素材と味付けの調和を目指して指導を受けています。

 

夫の両親(特に義母)が自然食に対するこだわりがあり、その薫陶を受けた子どもたちのそれはさらに強力なものとなったようです。

 

私はといえば、母が食べることが大好きで、年の離れた姉たちもまた舌の越えた美食家であり、それなりに美味しいものに対する追求心というのは若干人より強い程度、といった感じでしょうか。

 

料理に関する知識は教えるともなく母のお手伝いをするうちに身についたもので、料理教室に通ったことはありません。
舌や食材の知識、調理方法など料理の基礎となる部分を母親により学ぶというのは大事なことだと感じます。

 

子どもがそろそろ離乳食の開始時期なのですが、このような家庭で育っていく我が子は食べることとどう向き合って行くのだろうかと不安に思います。

まずは、この世の中には美味しいものがたくさんあるんだよってところからスタートしたいと思っています。